您的位置: 闵行信息网 > 科技

非洲首条中国铁路开始铺轨看日本人评论会气

发布时间:2019-11-26 23:15:43

非洲首条“中国”铁路开始铺轨 看日本人评论会气疯

非洲首条“100%中国标准”铁路开始铺轨

正文翻译:

アフリカ初の「100%中国規格」鉄道、レール敷設開始―中国メディア

Record China 5月11日(日)13时47分配信

非洲首条“100%中国标准”铁路开始铺轨——中国媒体

Record China 5月11日(星期日)13点47分发布

2014年5月8日、中国鉄建(チャイナ レイルウェイ コンストラクション)は海外で初めて「中国の技術規格」を全面的に採用して敷設される電化路線鉄道「エチオピア-ジブチ鉄道」のレール敷設工事が始まったことを明らかにした。現地时間8日午前9时50分、エチオピア東部の都市ディレ ダワでレール敷設工事がスタートした。エチオピアのハイレマリアム デサレン首相が敷設着工式典に出席した。中国鉄建中土集団の大型レール敷設機が長さ約25メートルのレールをゆっくりと敷いていく。今回のプロジェクトは前世紀のタンザニア-ザンビア鉄道に続いて中国が海外で敷設する国際鉄道となり、中国鉄道の「海外進出」戦略におけるより強力な一歩を象徴している。

2014年5月8日,中国铁建(CHINA RAILWAY CONSTRUCTION)透露,海外首次采用全套“中国技术标准”修建的电气化铁路“埃塞俄比亚—吉布提”铁路开始铺轨。当地时间上午9时50分,在埃塞俄比亚东部城市德雷 达瓦开始铺轨。埃塞俄比亚总理海尔马里亚姆出席铺轨仪式。随着中国铁建中土集团的巨型铺轨机将一节长约25米的轨排缓缓推进落地,这条继上世纪坦桑尼亚—赞比亚铁路之后中国在海外修建的又一条跨国铁路,标志着中国铁路“走出去”迈出了更坚实的步伐。

■全パーツに中国製品を採用

■所有部件均采用中国产品

エチオピアージブチ鉄道はエチオピアの首都アジスアベバとジブチ共和国の首都ジブチ市を結ぶ全長740キロメートルの鉄道。全線で中国二級電鉄規格を採用、設計时速は120キロ。投資総額は約40億ドル(約4068億円)で、うち約7割は中国輸出入銀行の融資でまかなわれる。同プロジェクトは2012年4月に着工、2015年10月に全線開通の予定。

埃塞俄比亚—吉布提铁路由埃塞俄比亚首都亚的斯亚贝巴至吉布提首都吉布提市,全长740公里。全线采用中国二级电气化铁路标准,设计时速120公里,总投资约40亿美元(约4068亿日元),其中70%左右由中国进出口银行提供贷款支持。该项目2012年4月正式动工,计划2015年10月全线通车。

保险理赔
旅游快讯
综合
猜你会喜欢的
猜你会喜欢的